×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



タイトル画像
〜付喪神のオレと神虫のキミ〜
ストーリー
 時は現代、場所は日本
 妖怪や怪異現象の被害に悩まされ続けたこの国は、独自の職業を生み出した――退魔士である。
 退魔士養成学校に通う玉石一磨は、在学中に国家資格「退魔士」試験に合格し、特待生としての日々を過ごしていた。
 そんな中、同じく特待生として転校してきた竜野らいと引き合わされる。二人の目指すモノは同じ――最も忌まわしきとの邂逅である。
 巡り会った二人の運命が、いま動き出す!
本編一覧
プロローグ 少年のすべての始まり。
第一章
  一 有資格特待生 特別な者には、特別な事情が。
  二 一磨にあうモノ 彼の周囲をめぐるモノとは。
  三 転校生 一磨のパートナー、登場!
  四 トラブル 夜の街に潜む厄介事。
  五 鬼 闇に潜む異形が姿を現す。
  六 付喪神と神虫 それぞれの能力。
  七 巡り会った二人 二人の出会いは運命なのか。
第二章  
  一 学園、はじまる ふたりの学園生活が始まる。
  二 十口屋 夜の街へ、古道具屋を目指して。
  三 鬼児 学園への帰り道で、ふたたび。
  四 百鬼の宴 鬼と宴す、死の演舞をもって。
  五 朱き仇敵 待ち望んだ、邂逅。
  六 次なる地へ 因果の結び目を探して。
第三章
  一 過去からの絆 意外な場所に、過去はある。
  二 手紙 そして届く、父からの想い。
  三 すれ違い ほんのささいなすれ違い。
  四 虫の比礼 神代の宝が敵となる。
  五 墓場の闇 闇はあまりにも深く。
  六 消耗する心 どうして助けられないのか。
第四章  
  一 パートナー 絆の痛み。
  二 同じ心 ふたりは同じはずだった。
  三 血の時刻 凄惨なる時間が始まる。
  四 戦の準備 もはや敵は定まった。
  五 糸の月 空にかかる月の下で。
  六 付喪神 それは、彼の血の中にある。
  七 一撃 反撃が始まる。
第五章
  一 鬼に成る その兆候が現れる。
  二 賭け 彼女の賭け。
  三 胎動 半身が呼びかける。
  四 水神の子 俺はいったい、誰の子だったか。
  五 青に燃ゆ 人はいったい何に成るのか。
  六 二人の絆 本当に得たもの。
エピローグ そして、エンドレス。
ご案内
・この小説はルビタグを使用しています。
戻る
サイト初出:2013年癸巳04月28日  更新完了:2014年甲午12月09日
Copyridht (C) 紀和沙 KINO Kazusa 2013
Japanese version only 転載を禁ず
このサイトはフレームを使用しています。サイトトップはこちら