×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


PRISM.様よりお借りした素材
タイトル:龍×琥オーヴァードライブ

ストーリー
かつて峰国を襲った大妖魅は、二人の勇士によって封印された。だがひとりは命を落とし、もうひとりだけが生き残った。

十年後、亡き勇士の息子・虹玉髄は、<騎龍>という特殊部隊のサポート役として活躍していた。龍とともに生きる彼には、かけがえのない仲間と秘密の友人がいた。

秘密の友人のひとり、一角娘は生き残りの勇士の弟子にして、騎龍と対立する勢力<琥師>の若手である。
そしてもうひとり。虹家の奥深くにひっそりと息づく少女――青玉。玉髄は彼女に想いをよせ、不思議な関係を築いていた。

そんな中、宮廷で妖魅を巡る事件が起こり、峰国に再び不穏な影が忍びよる――。

本編(全7話)
プロローグ。峰国を襲った悲劇――崩国の妖魅。
第一章「佩剣衝星」 「序」より十年後。
十八歳になった玉髄は、騎龍のサポート役として活躍する毎日を送っていた。
第二章「如夢如仙」 彼の秘密の友人、青玉。虹家にひっそりと息づく彼女に、玉髄は想いを寄せていた。
ある夜、虹家の宝を狙った賊が押し入った!
第三章「山平水遠」 舟で東へ下り、夜光を連れ戻すこととなった玉髄一行。だが、すでに敵の牙が間近まで迫っていた。
第四章「白石蒼苔」 士山に蠢く、恐るべき陰謀。
玉髄は捕らわれた友を救い、悲劇を回避することはできるのか!?
第五章「龍吟虎咆」 ふたりの騎龍と、ひとりの琥師。
その力合わさるとき、すべての災厄を退ける!
エピローグ。ひとつの物語の決着するとき。

自作アイコン ご案内
・この話はルビタグを使用しています。
・序、跋をのぞき、1話あたりの長さは2万字前後となっています。ページの読み込みに、多少時間がかかる場合があります。

戻る
初出:2010年庚寅10月17日
Copyright (C) 紀和沙 KINO Kazusa
Japanese Version Only 転載を禁ず