×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



センチメンタル


「なあ」
 問題児は尋ねる。
「アンタ、死んだら誰か泣いてくれんのか?」
 放課後の教室。
 カーテンが舞い上がる。
「どして?」
 優等生の委員長は尋ね返す。
「すまし顔でさ。制服もちゃんと着て。化粧もしないで」
 問題児は机に腰かける。短いスカートから、下着がちらつきそうだ。
「アンタつまんない人間じゃん」
「違うわ」
 優等生は視線を合わせなかった。
「自分をよく見せる方法を知ってるだけ」
 すっと顔を上げる。
 また風が吹く。風はカーテンの波になって、見えないはずの姿をさらす。
「シャツをスカートに入れるだけで、ウケはよくなるのよ」
「……アンタ、けっこう腹黒いんだな」
「あなた、けっこう純真なのね」
「なんだよ、それ!」
 問題児はカッとなった。頬が赤い。
 最初は、優等生をからかってやるつもりだった。気づけば、優等生が自分をジッと見つめている。落ち着いた瞳は、純真な問題児を底まで見通す。
「アンタ、見せかけだけじゃん!」
「何が悪いの?」
「いや、だから」
「自分をさらけ出すのが正しいの?」
「ん……」
「わたしは、これがわたし」
 きっちり結ばれたボウタイを手で押さえる。毎日きちんと結んでいるんだろう。
 彼女は、彼女なりに選んだ自分をいつも見せている。だから問題児の思う正しさは、彼女も持っている。優等生はそう言っていた。
「最初の質問に答えてなかったわね」
 ――死んだら、誰が泣くの?
「あなたが泣いてくれればいいんじゃない?」
 さらっと言った。
「プ……アッハハハ!」
 問題児は笑った。
「じゃ、さ。アタシが死んだら、アンタが泣いてくれんの?」
 笑いすぎて涙さえ浮かべながら、問題児は尋ねる。
「ううん」
 優等生は首を横に振る。
「笑ってあげる」
 問題児はポカンと口を開けた。
「……なんでだよ?」
「あなたにぴったりだと思うから」
 彼女がほほえむそのときは。嘲笑でもない。喜びでもない。
 慈愛に満ちた聖母のような顔で、彼女はほほえむのだろう。
「ああ――」
 それが彼女らしい答えだ。問題児には理解できた。
「頼む、な」
 心から望んだ。
 風がやんだ。放課後の教室だった。


‖ 戻る ‖
初出:2012年壬辰03月05日

[PRISM.]様から背景画像をお借りしました。